未だかつて、こんなにもビー玉から目が離せなくなったことがあっただろうか?