彼はとにかく「何」という一言を求めていた