97歳の御婦人「先生、これ捨てる物が無いんだけど」