植田まさし先生とお会いした時に感じたこと