どちらにしても批判される例