お手紙が大豆の首輪についてきてからもう6~7年ほど経ちますね

うちのデッキに遊びに来ていたシロクロ猫…ある日、ノミ取り首輪を付けていて

2019.02.06
一日前に話題になった伝書猫の大豆君。ツイートは3万リツイートを越え沢山の人の目に触れました、その中で飼い主さんにまで届いたようです。

 はじめましてコンボと申します。(拙い文章で読みにくいと思います。申し訳ありません。)
 そのお手紙が大豆の首輪についてきてからもう6~7年ほど経ちますね。手紙がついてくる前から、たまに毛艷がすごくよくなって帰ってくることがあり、もしかして誰かの家にお邪魔してるのでは?と思っていました。
 あの日初めて大豆の首論にお手紙がついてきた時、家族ですごく盛り上がったのを覚えています。伝書猫やな!と家族で笑いました笑 こんなことほんまにあるんやなと驚いたのを覚えてます。それと同時に大変お世話になっているようで申し訳ないと言う気持ちや可愛がってくれている方がいることに対して嬉しかった気持ちでいっぱいでした!
 大豆は家族以外に対してすごく警戒心が強かったです。しかし、キャットクリニックさんは首論に触れ手紙を結びつけることができておられたのでとても驚きました。その当時は、ダイズがそこまで心を許すような人なのだから、とても動物に優しく、猫への知識のある方が世話を焼いてくれてるのだろうと家族で話したりもしました。
 どこの方なのか最後までわからず、あの小さい手紙では猫の名前を伝えることしか出来ずに終わってしまい申し訳ありません。この場で改めて感謝を伝えさせていただきます。本当にありがとうございました。

 大豆は一昨年の夏に天国に旅立ちました。

 ダイズがお世話になった方なのに、そのことを伝えられなくてもどかしい気持ちが残っておりました。今回このような形でお伝えすることができたことを大変嬉しく思います。今日の朝、Twitterを開いて大豆とあの時の手紙がツイートで流れてきた時は本当に震えが止まりませんでした。大豆との楽しかった思い出を振り返ることが出来ました。改めてすごい猫だったと思います笑

 もし、お時間があればそちらでお世話になっていた時の大豆の様子など聞かせて頂けると幸いです。
 本当にありがとうございました。